便秘 ヨーグルト

夜ヨーグルトで腸内環境美化

夜ヨーグルト

便秘体質解消にはヨーグルト!

 

あなたはいつヨーグルトを食べていますか?
私は「朝」派でした。
朝からフルーツにヨーグルトなんて言うとさわやかでいかにも健康によさそうじゃありませんか!

 

毎朝食事をとる習慣をつけ、毎朝同じ時間に胃腸を刺激すると排便のリズムも整います。

 

忙しい朝にも手軽に食べられて、腸内環境を整える乳酸菌を多く含むヨーグルトは、朝食には最適ですね。

 

一方、夜のヨーグルトというのも便秘解消に効果が期待できるのです。

 

@夕食後に食べることで、胃酸によるダメージが軽減ざれ、乳酸菌が生きて腸まで届く。
A腸が活動をするのは夜の10時から2時の間。体が寝静まるのとは逆に消化器官が働き出します。この時間に合わせて乳酸菌を取る。
Bヨーグルトにカルシウムが神経を鎮静化し穏やかな睡眠を誘います。

 

腸は副交感神経の作用によって活動が活発化します。副交感神経の働きのピークは夜の12時ごろ。この時間ににしっかり眠り、さらに乳酸菌などの善玉菌で腸の活動をサポートすれば、腸内環境もだんだんと整っていくというわけです。

 

夜に食べるヨーグルトは無糖のもの、夕食後、8時ぐらいまでに食べ終われば理想的です。

 

そして、12時前には眠るコト。

 

夜のヨーグルトで腸内環境を整え、朝のヨーグルトで腸を刺激すれば便秘解消間違いなし!!

 

ヨーグルトと一緒に食物繊維が豊富なドライフルーツや、乳酸菌の栄養源となるオリゴ糖なども一緒に取ると効果バツグン!

 

私はこれが効きました!