妊婦 便秘 プロバイオティクス

妊婦の便秘にプロバイオティクス

腸内には400種以上、100兆個もの細菌が住みついているといわれています。

 

菌の中には体に良い影響を及ぼす「善玉菌」と人にとって有害な働きをする「悪玉菌」、どちらともつかない「日和見菌」の3種に分類することができます。

 

健康な体であれば、これら腸内細菌が「善玉菌」優位にバランスよく保たれているのですが、便秘や下痢、その他体調を崩したときやストレスなどで病原菌や腐敗菌などが増えビフィズス菌や乳酸菌などの健康を守ってくれる細菌が減ることがあります。

 

そんな時、元の正常な腸内環境に戻してくれるのが プロバイオティクスです。

 

腸内細菌のバランスを整えて、腸内の異常状態を改善し、もとの正常な状態に戻してくれる生きた微生物や、その微生物を含む食品自体(ヨーグルトや乳酸菌飲料)をプロバイオティクスと呼ぶこともあります。

 

プロバイオティクスとは、私たちの健康を守るため、腸内で有益な作用を発揮する微生物及びそれらを含む食品のことなのです。

 

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌などの乳酸菌、ビフィズス菌はプロバイオティクスの代表選手です。
が、すべての乳酸菌がプロバイオティクスというかというと、そうではありません。

 

【プロバイオティクスの定義】

 

  • 安全であること
  • 元々腸内に常在する微生物であること
  • 腸内で人体に有益な作用を及ぼすこと
  • 胃酸などに負けずに生きたまま腸まで届くこと
  • 腸内細菌のバランスを整える作用があること

 

口から食べた乳酸菌が、胃酸などで死なずに超まで届き、そこで善玉菌として良い作業をすることができるものが「プロバイオティクス」なんですね。

 

あなたの食べているヨーグルトはプロバイオティクスですか?

 

次へ>私のおススメ乳酸菌サプリ>>>>