妊婦 便秘解消

妊婦の便秘解消に「腸内細菌」が大活躍

人間の腸の中には約100兆個を超える腸内細菌がバランスよく住みついています。腸内を顕微鏡で見るとこの細菌たちがぎっしりとまるでお花畑のように広がっていて、この様子は「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

100兆個の細菌を一つずつつなげると、地球2周半分の長さになるといわれています。
重さは約1kg

 

この菌の種類はは400種類とも1000種類とも言われていて、腸の中でバランスよく住みついています。

 

体の中に住む細菌たちは、外から侵入する病原菌などの有害な菌が体内に入らないよう守ってくれる大切な存在です。

 

その細菌たちは大きく3種類に分類することができます。

 

良い働きをする菌

中間的な菌

悪い働きをする菌

乳酸桿菌(主に小腸で働く)
ビフィズス菌(主に大腸で働く)
など

大腸菌(無害株)
バクテロイデス(無害株)
など

ウエルシュ菌
黄色ブドウ球菌
大腸菌(毒性株)など

腸内有害菌に抵抗
ビタミンの合成
消化、吸収の補助
病原菌感染に抵抗
免疫機能の刺激

良い菌と悪い菌との
勢力の強いほうに加担

腸内腐敗
発がん性物質発生
毒度発生

 

 

腸内バランスを崩す要因

腸内細菌のうち良い働きをする「善玉菌」と悪い働きをする「悪玉菌」はいつでも勢力争いをしています。

 

悪玉菌の勢力が強くなると、便秘、下痢、体調不良を引き起こします。

 

  • 偏った食事
  • ストレス
  • 細菌汚染
  • 加齢
  • 抗生物質などの薬

 

などによりこのバランスは崩れて悪玉菌が優勢になってしまいます。

 

乳酸菌・ビフィズス菌は悪玉菌を抑える働きがある

 

乳酸菌は、乳酸・酢酸を作り腸を酸性にします。
「善玉菌」は酸性を好み、増殖を始めます。
一方「悪玉菌」は弱アルカリ性を好むので、減少していきます。

 

善玉菌の数が増えると腸内環境が良好な状態となり、便秘や下痢といった体の不調が解消されていきます。

 

腸内環境を良くするために

腸内環境を良くするために次のことを心がけましょう。

 

  • 早寝、早起きをし、朝ごはんを食べましょう。
  • 手洗い・うがいで悪い菌を取り込まないようにしましょう。
  • 野菜を積極的に摂るようにし、バランス良く食べましょう。
  • 身体を動かす適度な運動をしましょう。
  • 良い菌を増やす食品を摂りましょう。

 

妊婦の便秘解消豆知識〜腸内細菌関連ページ

妊娠初期の便秘
妊娠初期の便秘の原因を探ります。妊娠したととたんになぜかスッキリでなくなった・・・つわりだけでもつらいのに・・・
妊娠中期の便秘
つわりも落ち着いてきた妊娠中期。気が付いたらガンコな便秘になっていた!という人も多いですね。
妊娠後期の便秘
妊娠後期になるとお腹はどんどん大きくなり、体のバランスが取りにくかったり、お腹が重くて上を向いて眠れなくなったり、そして、便秘もますますガンコでつらくなって来ます。
妊婦が使っていい便秘薬
妊婦は便秘薬は使ってはならないのか?薬に頼らず出てくれればいいに決まっていますが、そのままでない状態が続くものもとっても危険です。便秘薬は正しく使って・・・・・
妊婦が浣腸をしても大丈夫か
とにかく出ない、どうしても出ない・・・となると頼りたくなるのが”浣腸”でも、妊婦に浣腸って大丈夫なのでしょか?浣腸してしまったけど赤ちゃんは大丈夫????
便秘が便秘をさらに呼ぶ!?
便秘が便秘の原因!???それってどういうこと?
腸の働き
元気な妊婦でいるためには腸の健康が最も大切!?腸の健康は妊婦の健康に、そして赤ちゃんの健康につながります。