妊娠初期 便秘

妊娠初期の便秘の原因

妊娠初期の便秘の主な原因は次のようなものがあげられます。

 

急激なホルモンべランスの変化

妊娠すると女性ホルモンである「黄体ホルモン」が非常に多く分泌されるようになります。

 

このホルモンは「不通ホルモン」とも呼ばれ、流産しないように子宮を収縮を抑制する働きがあります。
子宮だけでなく、胃や腸にある平滑筋を弛緩させる作用もあり、腸の蠕動運動が低下して、便秘になってしまうのです。

 

つわりによる食事量の減少

そして、妊娠初期といえば「つわり」ですね。
つわりであまり食べられないと便の量も減り、腸への刺激も弱くなります。
少しでも食べられるもの・・・と食べやすいものばかり食べているのも、便秘をひどくしてしまう原因に。

 

 

運動不足による腸への刺激の減少

妊娠をしたことで、今までしていた運動をしなくなったり、体がだるく簡単な運動もさけて、一日中寝ていたりすることもありますよね。腸の煽動運動を助けるには腹筋が必要ですし、何より、運動をすることで、内臓も動かされて物理的な刺激が加わり、排便につながるのです。

妊娠初期の便秘関連ページ

妊娠中期の便秘
つわりも落ち着いてきた妊娠中期。気が付いたらガンコな便秘になっていた!という人も多いですね。
妊娠後期の便秘
妊娠後期になるとお腹はどんどん大きくなり、体のバランスが取りにくかったり、お腹が重くて上を向いて眠れなくなったり、そして、便秘もますますガンコでつらくなって来ます。
妊婦が使っていい便秘薬
妊婦は便秘薬は使ってはならないのか?薬に頼らず出てくれればいいに決まっていますが、そのままでない状態が続くものもとっても危険です。便秘薬は正しく使って・・・・・
妊婦が浣腸をしても大丈夫か
とにかく出ない、どうしても出ない・・・となると頼りたくなるのが”浣腸”でも、妊婦に浣腸って大丈夫なのでしょか?浣腸してしまったけど赤ちゃんは大丈夫????
便秘が便秘をさらに呼ぶ!?
便秘が便秘の原因!???それってどういうこと?
腸の働き
元気な妊婦でいるためには腸の健康が最も大切!?腸の健康は妊婦の健康に、そして赤ちゃんの健康につながります。
腸内細菌
妊婦の便秘解消のポイントは「腸内細菌」です。良い腸内細菌を増やすことで、便秘解消や免疫力がアップします。腸の健康は妊婦の健康!元気な赤ちゃんを産むために腸内環境を整えましょう♪