妊婦 浣腸

妊婦が浣腸しても大丈夫?

妊婦が浣腸を使っても大丈夫だろうか?

 

答えは NO!

 

浣腸したからと言って、すぐさま流産するというわけでないですが、リスクがないわけではないので、わざわざそんなリスクを冒さないほうがいいということです。

 

浣腸とは、直腸を刺激する薬剤を直接入れるので、便を排出するにはもっとも即効性と効果があります。

 

浣腸したことで流産したなどの事例は実際にはないという話もあり、全くでなく、ひどい便秘状態のままでいるよりは浣腸で出してしまったほうがいいという意見もあります。

 

しかし、これを素人判断で自宅で行った場合、腸への刺激から急にお腹がはったりすることがないわけではありません。
下痢をしただけでもお腹がはることがありますよね。

 

便秘症状があまりにひどい場合はかかっている産科医に相談して、医師の判断で病院で浣腸を受けましょう。
病院であれば、不測の事態にもすぐに対応できますが、自宅ではむりですから。

 

もう浣腸してしまった場合も、その後特に問題なければ赤ちゃんへの影響はないものと思われます。が、やはり今後使うのは控えたほうがいいでしょう。

 

浣腸にしても便秘薬にしても、病院で処理してもらうか処方してもらったものを正しく使い、その後はひどい便秘にならないよう毎日コツコツ善玉菌を増やして腸内環境を整えていきましょう。

妊婦が浣腸をしても大丈夫か関連ページ

妊娠初期の便秘
妊娠初期の便秘の原因を探ります。妊娠したととたんになぜかスッキリでなくなった・・・つわりだけでもつらいのに・・・
妊娠中期の便秘
つわりも落ち着いてきた妊娠中期。気が付いたらガンコな便秘になっていた!という人も多いですね。
妊娠後期の便秘
妊娠後期になるとお腹はどんどん大きくなり、体のバランスが取りにくかったり、お腹が重くて上を向いて眠れなくなったり、そして、便秘もますますガンコでつらくなって来ます。
妊婦が使っていい便秘薬
妊婦は便秘薬は使ってはならないのか?薬に頼らず出てくれればいいに決まっていますが、そのままでない状態が続くものもとっても危険です。便秘薬は正しく使って・・・・・
便秘が便秘をさらに呼ぶ!?
便秘が便秘の原因!???それってどういうこと?
腸の働き
元気な妊婦でいるためには腸の健康が最も大切!?腸の健康は妊婦の健康に、そして赤ちゃんの健康につながります。
腸内細菌
妊婦の便秘解消のポイントは「腸内細菌」です。良い腸内細菌を増やすことで、便秘解消や免疫力がアップします。腸の健康は妊婦の健康!元気な赤ちゃんを産むために腸内環境を整えましょう♪