妊婦 便秘薬

妊婦が使っていい便秘薬

妊婦さんが使っていい便秘薬とは

 

病院で処方された便秘薬!です。

 

市販の便秘薬は危険です!

 

妊婦 便秘薬

 

妊娠前は、便秘薬に頼っていた方も、妊娠中に市販の便秘薬を使うのは大変危険です。

 

便秘薬には腸に刺激を与え、収縮作用を促して便を排泄させるものもあります。

 

妊娠初期にこのような作用の便秘薬を服用すると、子宮にも作用し、切迫流産などの危険が高まります。

 

特に危険なのは刺激性便秘薬ですが、その他の薬でも薬効成分が体内に取り込まれれば、血液を通して胎児の身体にも吸収されていきます。

 

薬の成分が胎児の成長に影響しかねないため、素人判断で市販の便秘薬を使用するのはやはり避けなければなりません。

 

なるべく薬に頼らない方法で便秘を解消し、その後も便秘をしにくい体調管理をすることが望ましいですが、どうしても出ない場合は、必ず産科医に相談し、妊婦にも安全な便秘薬を処方してもらいましょう。

 

もちろん用法、用量は守ってください。

 

【病院で妊婦に処方される便秘薬】

 

・ラキソベロン
・マグミット
・プルゼニド
・アローゼン 等

 

便秘薬は腸を刺激して排便を促すもので、一過性の便秘には効きますが、便秘体質が治るわけではありません。
薬によって一度は出ても、また便秘になってしまいます。
使うたびに薬による刺激にも鈍感になってくるので、使用量がどんどん増えていきます。

 

便秘薬では便秘は解消しません。

 

妊婦 便秘薬 腸内環境改善で便秘知らずの妊婦に!

妊婦が使っていい便秘薬関連ページ

妊娠初期の便秘
妊娠初期の便秘の原因を探ります。妊娠したととたんになぜかスッキリでなくなった・・・つわりだけでもつらいのに・・・
妊娠中期の便秘
つわりも落ち着いてきた妊娠中期。気が付いたらガンコな便秘になっていた!という人も多いですね。
妊娠後期の便秘
妊娠後期になるとお腹はどんどん大きくなり、体のバランスが取りにくかったり、お腹が重くて上を向いて眠れなくなったり、そして、便秘もますますガンコでつらくなって来ます。
妊婦が浣腸をしても大丈夫か
とにかく出ない、どうしても出ない・・・となると頼りたくなるのが”浣腸”でも、妊婦に浣腸って大丈夫なのでしょか?浣腸してしまったけど赤ちゃんは大丈夫????
便秘が便秘をさらに呼ぶ!?
便秘が便秘の原因!???それってどういうこと?
腸の働き
元気な妊婦でいるためには腸の健康が最も大切!?腸の健康は妊婦の健康に、そして赤ちゃんの健康につながります。
腸内細菌
妊婦の便秘解消のポイントは「腸内細菌」です。良い腸内細菌を増やすことで、便秘解消や免疫力がアップします。腸の健康は妊婦の健康!元気な赤ちゃんを産むために腸内環境を整えましょう♪