妊婦 便秘 原因

今回は、便秘が便秘の原因になっているというお話です。

 

そもそも妊婦は便秘をしやすいというのは「妊娠初期の便秘」「妊娠中期の便秘」「妊娠後期の便秘」でお話ししましたが、そんなこんなで便秘になってしまった妊婦はさらに便秘に悩まされるという恐ろしいお話です。

 

栄養分を吸収され、水分を吸収され、後は捨てられるのみとなった残りかすが「便」です。この「便」が排泄されずにお腹の中に停滞してしまっているのが「便秘」です。

 

お腹の中には腸内環境を整える「善玉菌」と発がん性物質を出したり腸の煽動運動を低下させる「悪玉菌」が常に共存しています。
便秘知らずの健康なお腹は善玉菌優位に寵愛環境が整っている状態。

 

便秘で便が出なくなると、ウェルシュ菌を代表とした悪玉菌が増殖し、腐敗物質を増産、腸内には毒素が蔓延して、腸の機能を低下させ、便秘をひき起こしたり、さらには発がん性物質を作るといわれています。

 

妊娠によって、便を排出する力が弱くなり、停滞した排泄物は悪玉菌を増殖させ、悪玉菌が出した毒素によりまた便秘になるという、考えただけも恐ろしい便秘ループにハマってしまうのです。

 

妊婦の場合、便秘薬や刺激性のお茶などで無理に排泄することには危険が伴います。病院で処方された便秘薬を使ったとしても、一度は排便があるかもしれませんが、もともと便秘になりがちの妊婦は、またもや便秘ループに陥ることになるのです。

 

ではどう対処するのか??

 

答えは「善玉菌」を増やすこと。

 

善玉菌は悪玉菌の繁殖を抑えて、腸の働きを取り戻します。

 

普段の食事やサプリメントなどで、「善玉菌」を増やし、元気にして「悪玉菌」の繁殖を抑えてしまえばいいのです。

 

ヨーグルトを毎日食べる。
納豆を毎日食べる。
善玉菌のエサとなるオリゴ糖を合わせて摂る。

 

など、妊婦さんは他の人以上に頑張って善玉菌を増やしてあげてください。

 

ヨーグルトなら毎日200gは食べたいところです。
ヨーグルトについて

 

カロリーが気になるならサプリメントを活用するといいですね。
乳酸菌サプリメントについて

 

 

 

 

 

便秘が便秘をさらに呼ぶ!?関連ページ

妊娠初期の便秘
妊娠初期の便秘の原因を探ります。妊娠したととたんになぜかスッキリでなくなった・・・つわりだけでもつらいのに・・・
妊娠中期の便秘
つわりも落ち着いてきた妊娠中期。気が付いたらガンコな便秘になっていた!という人も多いですね。
妊娠後期の便秘
妊娠後期になるとお腹はどんどん大きくなり、体のバランスが取りにくかったり、お腹が重くて上を向いて眠れなくなったり、そして、便秘もますますガンコでつらくなって来ます。
妊婦が使っていい便秘薬
妊婦は便秘薬は使ってはならないのか?薬に頼らず出てくれればいいに決まっていますが、そのままでない状態が続くものもとっても危険です。便秘薬は正しく使って・・・・・
妊婦が浣腸をしても大丈夫か
とにかく出ない、どうしても出ない・・・となると頼りたくなるのが”浣腸”でも、妊婦に浣腸って大丈夫なのでしょか?浣腸してしまったけど赤ちゃんは大丈夫????
腸の働き
元気な妊婦でいるためには腸の健康が最も大切!?腸の健康は妊婦の健康に、そして赤ちゃんの健康につながります。
腸内細菌
妊婦の便秘解消のポイントは「腸内細菌」です。良い腸内細菌を増やすことで、便秘解消や免疫力がアップします。腸の健康は妊婦の健康!元気な赤ちゃんを産むために腸内環境を整えましょう♪